ブラック企業を避ける方法ってあるの?

日本各地で待機児童の多さが問題となっている中、神奈川県横浜市では特にその問題に対して重点的に予算を割くことで、2013年、待機児童ゼロを達成したそうです。
各自治体をあげて待機児童を減らすよう努力をしていっているようですが、一方で宅地開発のために転入者が増え、なかなか対策が進められない自治体もあるのだとか。
さらに待機児童ゼロが達成されたことで逆に申し込みが増えてしまったというお話もあります。
しかしながら神奈川県内各自治体で待機児童をゼロにしようという流れはまだまだ続くでしょうから、保育士の需要も高まっていると言えます。
保育士への転職なら、同じようにスタートを切る人たちが多くいるであろう、今がチャンスかもしれません。