住宅ローンの選び方は?

今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですが実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。
固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけで計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。
けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるので全部でいくら返せば良いか明確には分らないのです。
それでも、今は低金利といわれる時代のせいか全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。
このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。
夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。
原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。
まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。
健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。
また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。
全て確認して条件を満たしているという方は、今一度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。
融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。
住宅ローンフラット35sを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても慎重に行われます。
審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
だいたい、数十万単位?数百万単位の金額が一般的の様です。
住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
この保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

住宅ローン固定金利と変動金利の違いは? 【ぶっちゃけどっちがお得?】