楽天銀行フラット35の借り換えのメリットとデメリット

色々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かどちらが得なのでしょうか・金利の数字だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動というように半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が不安定になってしまい返済計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶ方が多くなると思います。

固定では、ローンの返済期間中は同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急激に金利が上がっても心配ないというメリットもあります。

他にその中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

いきなりですが皆さんは住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?大半の人は行ったことはないはずです。

ここではローンの借り換えの流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローン内容を再確認することです。

銀行機関のサイトにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総支払額を確認してみましょう。

シミュレーション後に行うのは借入銀行選びです。

金利以外にも保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら最も条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローンを固定金利のフラット35で組んだ方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

実は平成21年から借り換え融資プランができて住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合が多いそうです。

基本的には金利差が0.3%あればメリットを受けられます。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から変動金利に借り換えをする場合が多いです。

変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いので一見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利から固定金利の場合では、金利変動リスクはありません。

夢のマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを組みます。

でも、毎月の返済が生活が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に行うのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを受けることを考えると当然、現在借りているローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際のメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので確認してみてください。

ただ、計算する際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。

住宅ローンが生活費を圧迫しているという人の中には住宅ローン借り換えでしは支払う利息を減らそうとしている人もいるのではないでしょうか。

もし借り換えを行う場合は、新しい住宅ローンを探すことになりますが金利が低い以外のメリットも求めていますよね。

具体的に、どういったメリットで選ぶかというとひとつは保証料がかからないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」になると言われています。

一円から返済できる、といったことが大切です。

なぜかというと繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

家計の悩みになりがちな住宅ローンの返済ですが中には、組んでいるローンの金利よりも低いローンが変えて毎月の支払額を減らしたいと思いますよね。

ただ、金利だけを理由に変更するのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは消費者ローンの借り換えとは違い登記などの諸費用が必要になりますので、かかる費用も計算したら変えるほどのメリットがない場合もあります。

各ローンページにあるシミュレーションでメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行う基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収を越した時です。

最近、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、夫婦でローンを組んでいるケースでは相続税に注意が必要です。

どういった場合にこんな状況が起きるかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義になってしまうことがあります。

こういった夫婦などでの連帯債務の借り換えには金利以外に税負担が伴う可能性があるため、税理士や銀行機関に相談してください。

相談した結果、不動産登記などの借り換え費用と贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

現在借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、行う際には何点か注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと確認することです。

例えば、メリットとしては毎月の返済額を抑えられることなどが挙げられますが基本的に金利が低くなっているのは変動型なので申し込み時に必要な登記などの諸費用を再度支払う必要が出てきます。

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

メリット・デメリットを確認して借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

1度組んだ住宅ローンを他の住宅ローンに変更する住宅ローン借り換えですが1回組めたから借り換えする時も大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査に通らない場合もあります。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通る方が多いようですが転職した場合や年収が下がっている場合は要注意です。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他にはカードローンや自動車ローンなど別のローンを複数抱えている場合も年収は変わっていないのに以前よりもローン返済額が増えていると審査で引っかかる可能性があります。

住宅ローンを初めて組む際に「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という「現在自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば出来ます。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため自動車ローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫して借りられないこともあります。

当然ですが、自動車ローンをちゃんと返済していないとそもそもローンの借入はできないので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの申し込み審査でも気をつけるべきポイントです。

稀に、現在の自動車ローンを住宅ローンに組み込んで車のローンを住宅ローンに組み込むのを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

参考:楽天銀行フラット35に借り換え!固定金利のメリット!【デメリットは?】

人生で最大の買い物と言われる住宅ですがなかなか一括で買うことはないと思います。

その場合、住宅ローンを利用して住宅を購入しますよね。

その際、変動型にするのか、固定型にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを考えるとフラット35がおすすめです。

フラット35の始まった2004年頃に比べ、金利が低く推移してきているので長期間の高額ローンを組むのにべストなタイミングといえます。

現在の住宅ローンでは変動型の方が1%近く低い数値になっていますが金利変動で毎月の返済額が高くなることもあります。

そのため、最終的に総支払額が割高になることもあります。

住む家を買う際に利用する住宅ローンですが金利変動の悩みが嫌でフラット35で組んだ人もいると思います。

どうせ支払うなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35への借り換え融資ができるんです。

その際、メリットが出てくるのは金利差が0.3%以上となっています。

他の変動型ローンへ変更することもできます。

行うかどうかは各銀行のHPにあるシミュレーションを利用して毎月の支払額がどう変わるかやその他費用も含めていろいろな面から検討するようにしましょう。

融資に際して、改めて審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

ローンを契約する際に重要なことはなんでしょうか?ある人は、他のローンや公共料金の支払い滞納が起きていないかという信用情報を挙げることもありますが最も大切なのは借りた後にどうやって返済していくかを考えておくことです。

例えば、住宅ローンなどの場合では、借り入れ金額は大きく何年で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを絶対に確認してください。

確認方法は自力で計算するのもいいですが大変なので利用するローンのホームページにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動金利型の場合では金利変動で支払額が変わるので固定金利のフラット35など別のローンを組んだ場合も確認してみてください。

ローン関連でたまに親子リレーローンという言葉を聞いたことはありませんか?どんな内容かというと親子2代でローンを返済しましょうというものです。

長期間固定金利のフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子・孫やその配偶者で定期的収入がある方など、3つの条件を全て満たしている場合に利用できます。

この制度の有効な状況としては、親子で同居をしている場合や、親が高齢になり家のリフォームを検討しているけど高齢だから長期でローンが利用できない、と言った場合に有効です。

新築購入時だけでなく、借り換えや住み替えの時にも利用ができるので状況によっては利用を考えてはいかがでしょう。

住宅を購入する際にフラット35を組むことを勧められることがあります。

多くの人はCMなどで名称を聞いたことはあるくらいで実際にはどんなローンなのか、借りるための条件はあるのかといった詳しい情報は知らないのではないでしょうか。

利用するには、物件購入価格が税込で1億円以下になっているか、床面積がマンションタイプだと30㎡以上と基準以上の大きさになっているかといった条件があります。

ローンの特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借りられないことや全期間金利固定、保証料0円などが挙げられます。

固定金利なので急に支払額が上がるといったことが起きないので無理なく返済計画を立てて実行できそうですね。

なかなか利用することのない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れもわからない人も多いはずです。

ここではフラット35を例にして説明します。

新築で建てる場合では、最初に借り入れの申し込み、設計審査をして物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

その審査結果が1週間から2週間程度でわかります。

審査に合格したら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請を行う必要があります。

竣工現場審査に合格するとの融資の契約や登記や抵当権の設定などの手続きが行えます。

住宅ローンをはじめとした長期のローンは、できるだけ早く返したいという気持ちを持ってしまいます。

ただ、早く返す方法は繰り上げ返済を行うことしかありません。

いくらから可能かというと住宅ローンのフラット35では銀行機関によっては100万円から可能な例が多いですが最近では10万円からという銀行機関もあるようです。

その際、手数料が必要なローンと不要なローンがあるのでローン選びではこの点もチェックするようにしましょう。

ボーナス併用払いで返済している場合には、ボーナス月の請求がずれないように6ヵ月分の合計から可能なことが多いようです。

住宅を買うときに資金調達で利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決定してから審査を始めることが多いです。

その際、ローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

フラット35で借りられる金額の上限の決め方は「ARUHIの家検索」というページでは物件を決める前に事前にクイック事前審査で借入可能額が確認できます。

他の銀行機関のHPにも借入シミュレーションはあるので「ARUHIの家検索」というサービスなど各金融機関のシミュレーションを利用しましょう。

事前に借入可能額が分かっていれば物件探しも行いやすいですね。

念願のマイホームを買う際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどれに決めたら良いのか迷ってしまいます。

でも住宅ローンを利用するのは人生に1回の人が多く選び方がわからない人も多いはずです。

ここでは、ローン探しのポイントをまとめてみました。

まず、最初に行うのは金利変動型のローンにするか固定型のローンにするかです。

金利が低いままならお得だけれど毎月の支払いが高くなる可能性のある変動型と金利が変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので比較ポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の保証料などを比べる必要があります。

ここ数年は、変動型から固定型へ利用者数が変わってきているようです。

テレビやラジオCMなどでおなじみのフラット35ですが、中古物件でも利用できるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件を達成していれば利用できます。

その条件の例としては、床面積の広さや購入価格が1億円以下になっているかという条件です。

中古ならではの条件もあります。

例えば、申込日の時点で竣工日から2年以上経っている、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で建てた物件に対してのローン借り換えを行う場合は中古物件扱いになるのでこれらの条件を満たしていることが必要になります。

そのため中古物件を購入する際も条件を満たしていたらご活用ください。