AGAとは成人した男性に見られる脱毛症のことで女性で発症する例はありません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあると言われていますので治療には男性ホルモンを抑制する薬が用いられます。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬品はDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで効果が発揮されます。

AGAが起因する脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分がヘアサイクルの成長期を短くすると考えられます。

成長期が短いと頭髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうので細く短い頭髪が増えてしまうことで薄毛が目立つようになってしまうのです。

AGA治療は保険適用外になりますので費用は全額自己負担になります。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月1万円近くの費用がかかりました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアで売っている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店の判断で設定することができます。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品ではありますが価格差が生じ薬局によっては数千円の価格差が出ることもありました。

また、処方箋を出してもらうためには診察を受けなければいけませんので再診料や診察料もかかることも忘れないで下さい。

AGAのCMに起用された最初の芸能人といえば爆問のお二人でした。

コマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は毛髪の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMによってAGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGAの治療中と公言している芸能人の方も増えましたよね。

俳優さんやアーティストの方もCMに起用されることでAGA治療に踏み出すハードルはかなり低くなりました。

最近ではフサフサな人がコマーシャルに起用されているので若干の違和感は否めませんが薄毛の人が起用されると、全然効果ないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

AGA治療を始めたいのだけれど何科を受診すれば良いの?と思っている人もいるかと思います。

AGA治療は基本は投薬治療ですからプロペシアを処方してもらうのなら内科か皮膚科になります。

ただし、プロペシアの処方を行っていない病院もあるので受診の前に電話などで確認しておきましょう。

又、一般病院の皮膚科医や内科医というのはAGA治療が専門というわけではありませんのでAGA専門のクリニックのほうが専門性が高いのは間違いありません。

中には、効果が高まるよう独自調合しているクリニックやメソセラピー治療を受けられるといったクリニックもありますので専門クリニックの受診をお勧めします。

AGAは男性ホルモンが影響して発症するのですが生活習慣や食生活も無関係ではありません。

人の体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばていきますので健康な身体を維持するには血流が重要となります。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人は血流を良くするよう心がけなければいけません。

参考:育毛剤はどこで売ってる?【ネット通販がおすすめの理由】

ストレスなどは血管を収縮させてしまうので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取は血管を収縮させてしまうため薄毛治療の妨げとなってしまいます。

頭皮が固かったりうっ血している人は血流を改善するために頭皮マッサージ等を行うのがおすすめです。

ネットでAGAの治療方法について検索すると画像付きで経過報告をしているブログなどを見つけることができます。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に写真をアップしてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中にはうさんくさいサイトもありますが経過とともに治療費や薬、体験談などを紹介しているサイトもあるので参考になります。

AGA治療を開始すると、初期脱毛などが起きたりするので体験談などが記載されていると安心できますね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いようでそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのでしょう。

AGA治療は保険適用はありませんので治療費は全額自己負担になります。

飲み薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回あたり約3000円の診察料がかかります。

その上、プロペシアが1錠250円(万有製薬公式価格)ですから診察料と薬代で、1か月1万円以上の費用がかかる計算になります。

ミノキシジルは医薬部外品なので薬剤師がいる薬局なら誰でも買う事ができます。

ミノキシジルを5%配合している市販の育毛剤にはリアップX5がありますが価格も7000円以上とプロペシアなみです。

安くAGA治療を行うのなら市販薬を使うのが良いと思います。

複数の製薬会社からミノキシジル外用剤が販売されており薬剤師がいるドラッグストアで買う事ができます。

海外からミノキシジルを個人で輸入する人も見受けられますが安全面で疑問がありますのでお勧めできません。

ミノキシジルの育毛効果は頭皮の血行改善によるものなので同等の効果がある保険が使える医薬品で代用することもできます。

毎日、しっかりと睡眠をとり刺激物や香辛料を控えることもAGA治療には有効です。

AGAは遺伝による要因が大きいので通院や投薬で完治することはありません。

AGAになるかならないかは引き継いだ遺伝子によって変わるので遺伝子を組み替えない限りはAGAは治りません。

従って、AGA治療をやめてしまえば抜毛や薄毛は復活してしまうのです。

しかしながら、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのも問題があります。

飲み薬であるプロペシアで乳癌になったという報告もありますから結婚など人生の節目がやめどきだと思います。

AGA治療に励もうとする場合毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

毎日忙しくてファストフードやコンビニ弁当では偏った栄養バランスや塩分過多は血行不良の原因にもなります。

日頃から髪の素になるビタミンやタンパク質をしっかり撮ることを心がけ亜鉛も摂取し抜け毛や白髪を予防しましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれており亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

また、緑茶に含まれるカテキンには血圧の上昇を抑制してくれる効果だけでなくリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

関連ページ